So-net無料ブログ作成

検査食

9月14日

※写真倉庫、更新しました。

※歌舞伎のチケットというのは、かなり前から申し込んでいるので、直前で何が起こるかわからない。夫が大腸の内視鏡検査を受けることになり、その前日が今日になろうとは知るよしもなかった。検査前日は病院から渡された、消化のよい検査食しか食べることができない。その夫の前で、普通食を食べることができなかった私は、早めに家を出て、外で少し腹ごしらえすることとなったのであった。

※中村勘三郎復帰公演ということで、満員御礼。しかし、まだ完全復調ではないようで、夜の部は「お祭り」のみの出演。とはいえ、息子さん二人ががんばっていたので、みんなで支えて成立させたという印象。ただ、私にとっては「引窓」「一本刀土俵入」も見たことのある演目だったので、できれば他のが見たかったのだ。もちろん、知った話でも演者が変わるとそれなりに面白いとは思うのだが、なんせ教養がないので、一つのものを深めるというような力量はなく、できるだけいろいろな演目を広く体験したいのである。

※特に今月は松竹座での「幸助餅」も相撲取り、「引窓」「一本刀土俵入り」も相撲取り、なんでこんな組み合わせになっちゃったんだろうと思う。でも、「引窓」の長五郎、橋之助さんと、「一本刀…」の駒形、勘太郎さんはよかったな。

※検査の前日に嫁はんが遊びに出かけるってのもどうかと思ったが、外出を取りやめたところで結果に影響があるわけでも無し、と鬼嫁上等で出かけたのであったが、さすがに帰りは直帰した。というのも、夕ご飯後に下剤を飲んで、腸を空っぽにしなければならず、服用の際にはご家族同伴で、と注意書きがあったためである。服用の最中に具合が悪くなる人もいるらしいし、もっと別の、下剤ならではの悲劇も起こりかねないからであろう。

※ちなみに検査食はグリコ製で、三食の他に間食も同梱されており、ビスコが入っていた。何年かぶりにビスコを食べた夫は、その後ハマって箱買いするようになってしまった。意外な発展。ビスコを食べて喜んでいられる状態であるところからして、検査結果はオッケー、取り越し苦労でよかったね、ということで終わったのであった。

2011_09_14_p17.jpg
いいえ、どういたしまして。
タグ:観劇 紗袷

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。