So-net無料ブログ作成

「失敗の本質」見本市

【7月27日

※写真倉庫、更新しました。2011_07_27_p09.jpg

※享楽的な所業の二日目。履物屋さん、歌舞伎、酒場と「てんこ盛り」でした。

※二回目の「伊勢音頭」は、万野の悪意が主に金銭欲から来るものと理解できました。

※いつも歌舞伎を観る時、「人はこうして失敗する」という「失敗の本質」のようなものを見いだそうとしてしまうのです。とにかく連絡ミスが多すぎるし、勝手な思い込みで行動する、身分を偽る、欲ボケ、など、どうやったら人は悲劇を招くことになるかの見本市のようです。まあこういう要素がなければ物語は生まれないのですが。

タグ: 絹芭蕉

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。